職住接近型の住宅が人気であることを紹介し、街中でも住みやすい住宅・住居のポイントを説明しています。

住宅・住居は買うものか、借りるものか?
住宅・住居は買うものか、借りるものか?

街中でも住みやすい住宅・住居とは

首都圏など都心部の通勤混雑度は一時期よりは緩和されたとはいえ、まだまだ混雑度は高いのが実情です。ですので、職住接近の生活が理想となるのですが、家賃や不動産価格が高いことが問題となっています。さらに街中だと住環境が悪いという問題もあります。確かにこれらの問題は簡単には解決というわけにはいきませんが、場所を探すことでこれらを解消することができるのです。

まず家賃、不動産価格についてですが、まずいらない荷物、物などを見直してみると意外に広い部屋があまり必要ではないことがわかります。専有面積、土地面積が狭いほど価格は安くなりますので、いわゆる生活スタイルを変えるくらいの考えで検討してみましょう。次に築年数の古い住宅、マンションを検討してみるという方法があります。最近ではリノベーション物件もありますので、築年数が古くても快適なものもあります。住環境についてですが、第一種住居地域と商業地域の境目がおすすめです。街中の利便性と住居地域の静けさの両方を享受できる場所です。この地域に住めば日当たりなども良好な所が多くなります。他には幹線道路は避け、さらに通り抜け道路かどうかの確認をしておきましょう。自動車は音は排気ガスの問題を避け、歩きやすい道路、人がよく歩いている道路沿いの住宅・住居を選びましょう。


Copyright(c) 2017 住宅・住居は買うものか、借りるものか? All Rights Reserved.